保科美幸(美靴工房)がプロフェッショナルに!革製品修復がスゴイ

美靴工房 職人
保科美幸(美靴工房)がプロフェッショナルに!革製品修復がスゴイ
スポンサーリンク

上質な革製品は、使い方、手入れの仕方次第で見違えるようによみがえり、いつまでも光り輝き続けます。今回はその革製品の修復職人として日本だけではなく世界もが認めた「美靴工房」の保科美幸さんにスポットを当ててみたいと思います。

エルメス、シャネル、グッチなど超高級ブランドの革製品を蘇(よみがえ)らせる職人・保科美幸(38)に密着!生後8か月の息子を背負い、工房で100万円を超えるバッグと向き合う。その腕を頼り、全国から依頼が寄せられるが、かつて保科には「私には何もない」と人知れず悩みもがいた時代があった。彼女はいかにして暗いトンネルを抜けたのか?肝っ玉かあさん、奮戦記。

引用元:「プロフェッショナル仕事の流儀」公式

スポンサーリンク

保科美幸さんのプロフィール

保科美幸さんが務める「美靴工房」の場所は?

住所 :東京都世田谷区玉川3-21-8
電話 :03-5491-4103
営業時間 :11:00~18:00
定休日 :日・祝

保科美幸さんが務める「美靴工房(びかこうぼう)」ですが

創業こそ2001年と比較的新しい会社ですが、

業界でもトップレベルの

クレンジング&リペア技術を提供し続けた結果、

またたく間に広く知れ渡るようになったとのこと。

保科美幸さんがプロフェッショナルと言われるわけは

保科美幸

保科美幸(美靴工房)がプロフェッショナルに!革製品修復がスゴイ

保科さんは現在「美靴工房」というお店で

革製品修復職人として働かれています。

 

実は入社時は革の知識ゼロ!!という

ズブの素人だったそうですが、

職人としての努力をおしまず、

自費で本場イタリアやフランスまで出向いて

革の修理技術を覚え、

さらに磨きをかけて、

技術とともに接客力をも身につけて帰国。

 

現在は美靴工房のテクニカルディレクターという

立場で活躍されています。

 

革製品は特に愛着がわいて長く使いたいと

思う方は多いはず。

 

しかもブランドものの高級バックと言えば

かなり高いですからね。

 

工房で100万円をこえるバックと

毎日向き合い修繕をする保科さんは、

高級ブランドの革製品ユーザーからはもとより、

他のリペアショップで手の負えない

製品なども引き受けているほどの

存在感があるというのも素晴らしいですね。

保科美幸さんまとめ

短くまとめてみましたがいかがでしたか?

「プロフェッショナル・仕事の流儀」

に登場する「美靴工房」の革職人で

テクニカルディレクターの保科美幸さん!!

 

まったく素人の女の子として

職人の世界に入った保科美幸さんが

持っていたのは女性特有の細やかな感性と

人並み外れた努力が実を結んだ

といえるのではないでしょうか。

 

革製品に真摯に向き合ってくれる

保科美幸さんを始めとする

「美靴工房」のクレンジング補修部門の方々が全て女性、

というのも意外でした。

 

〇〇塗りとか焼き物の△△工房とかの職人さんは

大多数が男性ですからね。

 

他の業界でもチャレンジしてみる価値は

あると思うのですがいかがでしょうか。

ではでは。。。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました